とりあえず査定してもらう|価値がありそうな昔の本、古書店の買取りサービスで処分しよう

とりあえず査定してもらう

本を抱えている男性

故人の蔵書をいろいろと整理していたら古ぼけた本が見つかった。昔の文字が使われた、何となく価値がありそうな重厚感がある。でもその古ぼけた感じをあらわす形容詞を探してくるなら「汚い」とするしかない……こんなものでもちゃんと売れるのかしら?二束三文の値がつけばまだマシなほうで、ゴミにしかならないのでは……?

もちろん、そのような本の場合、同じ古書店でも駅前などにある大手古本屋チェーンなどに持っていくと「買取り不可」となってしまう可能性もあります。
新刊の小説やマンガ、ベストセラー本を高値で買い取ってくれるタイプのお店の場合には「キレイであること」が高く買い取ってもらうための条件のひとつとなっています。しかし、単に中身を読むためだけでなく、持っていること自体が本好きの間でステータスになる、そのような古書も世の中にあります。専門の古書店であれば、キレイであるかどうか以前にそのような価値を基準にして、買取りのための査定をしてくれます。
というわけで、「こんな本でも大丈夫かしら……大丈夫じゃないかも、じゃあ思いきって捨てちゃいましょう」などと思わず、とりあえず査定だけでもしてもらうと良いでしょう。もしかしたら高値で買取りをしてもらえる「希少本」である可能性も少なくありません。
大手の古本屋チェーンとは違い、専門の古書店では本に詳しく古書と長く付き合ってきた鑑定士ともいうべき人がいて、きちんとその価値に見合った値を付けてくれます。「こんな汚い本にこんな価値があったとは……!」そんな嬉しい驚きがあるかもしれません。