宅配買取りの方法|価値がありそうな昔の本、古書店の買取りサービスで処分しよう

宅配買取りの方法

PCをしている男性

価値のある古い本を扱い、買取りサービスを行っている古書店は日本全国津々浦々どの街にもある、というわけではありません。
昔はどこにでもあったようですが、活字文化自体が衰退しつつある今では古書店の数も段々と減っており、ある限られた地域に「古書街」のお店として存在している、というパターンが一般的になっています。
たとえば東京都の千代田区にある神田神保町には、日本中の本好きにとって「聖地」というべき古書街があります。ずらりと古書店が並んだ様子は壮観で、休日ともなると大きなバッグを抱えた本好きの人たちがお店を渡り歩いている様子を目にすることもあります。
神保町にあるような古書街は、ほかにも大阪、名古屋など日本の主要都市にあって、価値ある古書の販売や買取りを行っています。

しかし逆に言えば「日本の主要都市にしかない」ということは、周辺の都市ではどうやって買取りをしてもらえばいいのか、ということになると思います。
そう、どうすればいいのでしょうか。無理に担いで持っていく?いいえ、それでは交通費もかかりますし面倒です。
そんなときには「宅配買取り」を利用しましょう。神保町の古書街にあるお店にしろどこにしろ、宅配便を利用して古書を送り、買取り査定をしてもらえるというお店があります。査定してもらいたい本がたくさんある場合でも宅配便で送ってしまえば楽に見てもらうことができます。